Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 やはり家計簿はこまめにつけるべし。

今日もご訪問ありがとうございます(^^)


そうそう。
実はうちの息子さんがナゾの体調不良で・・・・
先週の水曜日から6日間も発熱が続いていて下がらないという・・・(汗)


熱が出た翌日に内科へ行ったら、「風邪でしょう」ってことだったんですが
その後も一向に良くなる気配ナシ。(インフルエンザは陰性)


20歳とはいえ、
家の中に病人がいるというのはやはり落ち着かないものです。
最後の追い込み勉強したいのに集中できなぁーい・・・!という感じもあったり。

で、昨日になっても熱が下がらないので、
これはもう一度診てもらったほうが・・・と思い、
最初のお医者さんへの不信感もあったため
別のお医者さんへ連れて行ったところ・・・病名がわかりました。

隠すような病気ではありませんが、あまり聞かない診断名だったので
念のため診断名は伏せますね(息子が検索するとマズイのでw)

でも、この2軒目のお医者さんの診断と処方箋のチョイスが
驚くほど息子の身体にぴったりだったようで・・・・

ゆうべ、劇的に身体がラクになった!と息子。

ここ数日、夜になると38.5度くらいの熱になる日が続いていたのと
熱はロキソニンのおかげで下がっているだけかもしれないので

まだ息子の「良くなった」の言葉を鵜呑みにできませんが(笑)
とりあえず、原因がわかって適切な薬を飲めているので一安心です^^;


さてさて、

話題はガラリと変えまして~・・・


術後の自宅療養中から、なんとなくナァナァになっていた我が家の家計簿。

ええ、そうなんです。
今だから言いますがテキトーになりつつあってヤバかったのです。

9月までは夫や息子に買い物を頼むことが多かったし、

10月になってからは、自分で行くようになったものの、
重い荷物を運ぶのを避けるために、
いつもなら週2回程度の買い出しが、1日おきペースになってしまい・・・


買い物の回数が増える=ついつい余分なものまで買う機会が増える


という負のスパイラルに陥って

恐る恐る、10月の家計簿を締めたとき

食費がなんと75,000円・・・。


お弁当作ってるとはいえ、
いくらなんでもこれは・・・・言い訳にならないわぁーと猛省^^;

通常、食費の予算目標は65,000円にしているのに。


クレジットカードを変更したり、

イオンの利用について見直してみたり(もっとWAONを効率的に獲得する)

そして、自分のおこづかい・・・というものを決めてみたり


いろんなことを新たに試そうと思ったのは
だらけた家計簿に喝を入れることが目的でもありました。


結果・・・。


やっぱり顕著です!今月は今のところ、まだまだ現金に余裕が・・・。

食費は今日現在で約50,000円、
現金のやりくり費は約39,000円も手元に残ってます。

今月の食費は65,000円以内に収まりそう・・・・・・≧(´▽`)≦
そして、お給料日の1週間前で、現金がこんなに残っていることもすごい!!

何しろ、お金を使ったら、2日以内にはちゃんと家計簿つけてますもん!
(自慢げに言うところではない・・・w)

おかげで今のところ、何にいくら使っているか?とか、
あとどのくらいなら使ってもいいか?という上限を
常に意識できています。


家計簿は体重計みたいなものですねー・・・ホント。


見てみぬフリをしていれば、確実に浪費(増量)するけれど
こまめにきちんとチェックしていれば、それも防げます。


家計簿を続けていて、自分なりのペースが出来てくると
ついつい、レシートを1週間くらい貯めこんで、
バタバタ慌てて記録する・・・ということをやってしまいがち。

それでもきちんと管理できる人も多いでしょうが

わたしの場合は、それをやってしまうと
家計簿の意味がなくなってしまい、ただ数字を記録しているだけ・・・になってしまいます。


浪費せずに1ヶ月のゴールを迎えると
次の1ヶ月はもっと頑張ろう!と意欲が出てくるし

この意識をちゃんと持続させなければ~~~!と



今はかなりのやる気モードです☆



もうちょっと具体的に意識を変えたところがあるのですが
それはまた次の記事に書きますねヽ(*^^*)ノ



★ランキングに参加中です♪