Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 イオン銀行をもっと活用してみる。

 おはようございます♪


先日もWAONをもっと貯めたい!という記事を書いたばかりですが
今日もまたまたイオン関係の話です(笑)

興味のない方、ごめんなさい(^o^;)



イオンカードは、「セレクト」になるずっと以前から持っていました。

もともと、我が家のメインクレカは

イオンカード → DCMX → 漢方スタイルクラブ

・・・と、こんな経緯をたどっていましたから。

この間に、イオンカードからイオンカードセレクトへの
切り替えもしていたわけですが

たまーにイオン銀行がキャンペーン金利をやっているときに
覗いてみたりするだけで、それ以上、深く理解しようとも思わず、ほぼ放置でした。

WAONのことも、そこらへんの電子マネーと特に変わらない・・・って
思い込んでいましたし^^;


でも、先日来
WAONをもっとたくさん貯める方法があると、今頃気づいて
今まではただなんとなく貯まってた・・・・というだけのWAONだけど
これからはもっと、意識して貯めてみよう・・・と思い始めたところ。

その理由は、なんといっても「生活に密着しているから」です。
何かお楽しみ的なポイントを貯めるのと違って
普段必ず利用するお店のポイントだから、

今までと同じように利用して、ポイントをもっと増やせるのだったら
それはたとえばお米一袋分をタダで買えちゃうくらいの力になる・・・・
と思うと、捨て置けないな、と(笑)

この変化にともなって、
新たにいろいろ動かすことにしました。


★息子の大学進学用貯金をイオン銀行へ移す


息子の4年分の学費は、現在のところSBI銀行の目的別口座へ入れています。
入試費用として約20万円ほど使ってしまっているため、
現在の残金は280万円ですが、それでもまとまった金額です。
使う予定があるからといって、普通預金に放置ではもったいない!!


イオン銀行の場合は、イオンカードセレクト会員であれば普通預金金利が0.12%
そして夫名義のイオン銀行の口座は
現在まったく使っていない状態なので、ほかの貯金と混ざる心配がないのもいいな、と
気づきました。

SBI銀行でもハイブリット預金で0.1%つきますが、
ハイブリッド預金は株の購入資金を置いている場所なので
そこを利用しようとすると、投資資金と教育費が混ざってしまうのがネック。

・・・というわけで、放置している夫のイオン銀行口座を
新たに教育費のお財布口座とすることに決定♪


★でも定期預金はちゃっかりワタシ口座で


夫名義のイオン口座から、来年以降の大学の授業料を取り崩していくと決めましたが
さしあたって必要になるのは、入学金と前期の授業料。
それ以外のお金を使うのはまだ1年以上先・・・。

いくら普通預金が0.12%だからといって、
ただ眠らせておくのももったいないので、

イオン銀行の秋の金利キャンペーン金利(1年0.3%)を利用して
そのほかのお金は定期預金に入れておくことにしました。

ただし、定期預金はちゃっかりわたしの口座で(笑)

理由は、先日も書きましたがWAONポイント狙いです。

簡単に言うと、イオン銀行の利用が多いお客が優遇される・・・というわけですね。
ステージによって、定期預金100万円につき、
毎月何もしなくても、25~100ポイントのWAONがもらえます。
これって、なにげに金利上乗せみたいなものなので、おトクです!

WAONに利用する予定もない夫の口座に定期預金を作っておいても
意味がないので、わたしのほうで作ったというわけ。


ionteiki1029.png 

(※上は先日最初に作った定期預金。下が息子の教育費のうち当分使わないだろう200万円を定期に・・・)


ただ、ポイント付与のこのステージ判定は
WAONとイオンカードの引落額によってステージが決まるので
現実的にはステージ3(半年で50万円のクレカorWAON利用が条件)・・・・は、
なかなか厳しいものがあると思うのですよね~~^^;



★イオンのクレカを使うことを再考する。


最後はイオンカードセレクトのクレジット払いのこと。
冒頭に書いたとおり、ここ数年、イオンカードは一切使っていませんでした。

還元率だけで判断すると、それほど魅力を感じなくなってしまったからです。

でも、イオンでトータルに得をすることを考えるのなら
あえてイオンカードを利用するっていうのもアリなんじゃないかな?と
ちょっと思えてきたのでそれを考え中です。

なぜ使おうと思ったかというと
それは前項にもつながるのですが、やはり「ステージ判定」のため。



ステージ判定はイオンカードの引落額とWAONの利用額の合計額
決められるらしいんですね。

ちなみにこの「ステージ判定」っていうのは、イオン銀行の話であって
イオンクレジットのじゃありません。ちょっとややこしい(笑)

簡単に言うと、

イオンセレクトカードでクレジット払いをすると、
クレカのポイント(ときめきポイント)が0.5%分つきます。

この還元率は平凡だけど、
使うことによって、イオン銀行のステージ判定が上がり、
WAONポイントを余分に付与されることにつながる・・・わけなので

最終的にWAONで還元してもらうと思えば、
イオンのクレジットの還元率も、実質的には1%超えるんじゃないかな。
(厳密に計算してないけどw)



WAONはだいたい半年で15万円くらい使っているけれど、
(株主優待の明細書で利用額がハッキリわかります)

それだけだと、「ステージ1」どまりなわけです・・・^^;
そのために、買い物を増やすのは本末転倒ですから、

「今まで別のカードで払っていたものをイオンカードへ変更する」ということで
ステージ2くらいは狙えたらいいなぁ・・・と思ったわけ。


家計から毎月必ず出て行く「固定費」については
私に何かあったときに、夫が困ってしまうことのないように・・・という理由で
すべてメインカード(給与振込口座)にするということは決めています。

そこのところを動かす気はないのですが、

わたしがネットやお店で買い物したとき、「その都度発生する支払」のみに
利用していた楽天カード。
これをイオンカードへ変更したらいいんじゃないかな?と考えてます。


あっちこっちで、いろんなポイントを分散して貯めるより、
できるだけ絞ったほうが効率がいいですよね^^



あと、個人的に気に入ったのが、「暮らしのマネーサイト」という、
イオンのサイトなのですが・・・

ここにログインするだけで、
銀行クレジットWAONの利用状況がまとめて見渡せることも知りました。
これすごく便利です。
いちいち、あっちこっちにログインしなくてもいいので(^^)


これからは、お金関係でも積極的にイオンを利用して
トータルでお得できるといいなぁ~~と思ってます♪


ごひいきにしますので、イオンさん、
今後も金利のいい定期預金など、よろしくお願いします(笑)






★ランキングに参加中です♪