Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 お見舞いのお返しに悩んだ結果・・・。

今日もご訪問ありがとうございます(^^)

先月の手術入院のとき、
夫の家族からお見舞金をいただいていました。

本当はお見舞いに来ると強く言ってくれたようなのですが
これまた夫が強く拒絶したそうで(笑)
(↑わたしがあまり療養姿を人に見られたくないと思っていることを察してくれたらしい)

それで、お見舞金だけいただいていました。

こういうお金をいただくと、いただいた瞬間に即座に
「お返し考えるのめんどくさいなぁ・・・」とか
思ってしまって、正直なところ、もらってうれしいか?といえば複雑なんですよね。

こんなことなら、手ぶらでお見舞いだけ来てもらうほうがラクだったなぁーなあんて
考えてしまったり。

いただくのがほんの気持ち程度なら、
お返しもほんの気持ち程度で済むので大変ですが
金額が大きいとお返しも大変です。


さて、お見舞いのお返しといえば「快気祝い」ということは
なんとなくわかりますが、自分がそういうものを用意したことがないので
具体的にはどういうマナーがあるのかな?と
調べてみたのですが、

「病が消えてなくなる」という意味をこめて
食べてなくなるお菓子や、使ってなくなる洗剤類などを贈る事が一般的らしいです。

でも、いただいた金額と照らし合わせると
お菓子はちょっと安すぎるし、口に合うかも微妙・・・。
洗剤類も同様にちょっとチープすぎる・・・。(かといって大量に送ってもねぇ)


・・・・ということで、いろいろ迷った挙句、
「高級フルーツ」をお返しに贈ることに決めました。

これなら、金額的にもバランスがいいし、喜んでもらえるかなー・・・と。






夫の兄夫婦と、別の親戚にはメロン。
夫の両親にはシャインマスカットを選びました。

なぜ違うものを選んだか?というのはちょっと理由があって・・・^^;

まず、義兄が大のフルーツ好きであることは知っているので
マスクメロンなら間違いなく「おお~」と喜んでもらえそうなので
こちらについては、決めるのは簡単でした(笑)


で、夫の両親にはメロンではなく、マスカットにしたのはなぜか?


実は義母は、こういうお返しは受け取ってくれないかもしれない人なんですね。

普段から、義母は自分がもらった内祝いやギフトなどを
しょっちゅう、我が家に持ってきてくれるような人だからです。(洗剤とか調味料のセットとか)

そんな両親であることは夫もよく知っているので、
義父母にはお返しはいらないだろーと言われたのですが、

いやいや、嫁の立場としてみたら
やっぱりお見舞金もらって知らん顔・・・・なんてできるわけがありません。


だから義父母にも同じように贈ろうと思いましたが、
メロンのギフトって、食べごろ前のものを贈るじゃないですか。
あとどのくらいで食べごろ・・・とか
気にするのって煩わしいので、

お年寄りに贈るには、
届いたらすぐにつまめるブドウのほうがいいだろうと思ったのがひとつ。

もうひとつには、
もしかしたら、食べてくれない可能性もあるなぁ~という思いがあって

義兄夫婦のほうへ、スライドされる可能性もあるかな・・・と(^o^;)。
(あ、それがイヤだとかそういうことは全然思ってないです。
それを承知でこちらの勝手で贈るのだし)

そうなったとき、
双方に同じようにメロンを送ってると、
義兄夫婦のところに「メロンが2つ」ということになってしまうので、
「いやいや、メロン2つももらっても・・・」と、義兄夫婦のほうが困ってしまうかな?と
思ったわけです。

だから、義母が万が一、義兄夫婦へあげてしまう場合を考慮すると
違う果物のほうがいいかなぁ・・・と


まあ、どんだけ先読みしてるんだ???って、話ですが(笑)
ギフトを贈るのって、本当に悩みます。



でも、シャインマスカットは
去年、「日本エスリード」さんの優待を利用して我が家で食べたときに
もうびっくりするくらいおいしくて、



息子なんて「人生で一番うまいブドウだ!」と絶賛したくらいですから・・・




ぜひ、義父母にも喜んでもらいたいなぁ・・・ってひそかに願ってます・・(〃∇〃)





あ、我が家にも、今年もまた優待の「シャインマスカット」が
今月届きますよ~☆



★ランキングに参加中です♪