Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 ツイッターがおもしろすぎて・・

おはようございます!!



昨日の記事でもお知らせしましたが、
わたくしNORAKOは、ランキングをお休みすることにしました(^^)

そして、たくさんの”拍手”をありがとうございました。
とってもうれしかったです!

精神的に勝手に疲労を溜め込んでいたので
ここらへんで、らくちんになってみます。


ブログ村さんに遠慮して書けなかったことやら、
目立つと身バレしそうで怖いから・・・と、ためらっていた話題も
これからは、あまり気にせず書けそうかな~♪ 



とりあえず、




週末、びっくりすることがありました。

わたしは日ごろよくツイッターを見ているんですね。
自分ではやっていないのだけど、

気になることがあると、「他の人はどうなんだろう?」とリアルタイムで他の人の感想とか意見とか
チェックすると、とても面白かったりするので、結構マメに見ています。
たとえば、面白いテレビを見ているときに
他の人はどう思ってるか・・・とか、その程度のことでも^^;



ついつい、
わたしもやりたいなーと思うのだけど、

向いてないかな・・・わたしには・・・・( ̄▽ ̄;)





でね、


あるキーワードで検索していたら、
なんと、知っている子のツイッターを発見しちゃったんですよ。


「へぇ~~!ツイッターやってたんだ~!」と、
なんだか楽しくなり、
ついつい時間軸さかのぼって覗き見してしまいました。


公開されているものなのだから、罪悪感感じることはないのだけど・・・
ちょっとドキドキ。


で、その子のツイッターを遡って眺めていたら・・・・・


















なんと、

息子のツイッターを発見(爆)










実は、最初の「その子」っていうのは、息子の友達のこと。
我が家にも、ときどき遊びに来ているし、
息子からも頻繁にその名前を聞くし、
わたしとも何度も話しているので、よく知っている子なのです。

そういう子じゃなかったら
わたしのほうも、友達だとは気づかずにきっとスルーしたと思う・・・。

まさか、そこからわが子のツイッターを見つけてしまうとは・・・(^o^;)

本人画像はなくても、プロフィールや話している内容で
見る人が見ればわかる・・・というヤツです。


息子は名前を変えてはいるものの(←だから名前で検索してもヒットしない)

なんといっても画像がまんま(笑)
息子だ!と気づいたのも画像からですもん。





どうやら、仲間内みんながツイッターをやってるみたいで、
その後、芋づる式にどんどん知っているニックネームが出てきちゃってびっくり。

息子のツイッターからは、小学生時代からの友達の名前も
あとからあとからたくさん出てきてw

クリックするたびに、「あ!●●ちゃんだぁ~!」という発見ばかりで
ホント、知ってる名前や顔がた~~くさん。



ただ、息子の友達のツイッターは遠慮なく読めるけど、

どうも我が子のツイッターは・・・・・まるで人の携帯メールを覗き見するかのような
罪悪感がつきまとうので・・・・

息子のツイートは、最初の数行だけ読んで、(←見てるじゃん)
あとはもう閉じました・・・。

公開されているものとはいえ、
まさか親に見らるなんてイヤだろうし。

わたしも、知らなくてもいい息子の心のうちなんかが
見えちゃうと、胸がザワザワしそうなので、
こういうものは、見ないに限ります。



それにしても、

改めて感心したのは、彼らの鋭い感性と、表現力の高さ!!


わたしの印象では、
特に女性の場合、ツイッターといっても数行にわたって綴る人が多いのだけど、
 

男の子はたいてい1~2行の短いものばかり。


で、本当にわずかな文字数の中で、
感情や状況が的確に表現されていて、


まるで一発芸を見ているかのごとく、
思わず吹き出しちゃう笑いの要素が盛りだくさんで・・・・・

いや~~~すごいわ・・・・と、感心しきりです。
これこそが、ツイッターの面白さなんだろうなぁ・・・としみじみ感じました。


どんだけ笑ったことか・・・・ww


ここに画像貼り付けて紹介したいくらいですが(笑)
思わぬところからバレるといけないので、それはやめておきます・・・。


いつもいつもこんなだらだら文章書いているわたしには
きっとできないセンスだなぁ・・・・と脱帽でした。







・・・・・にしても、
イマドキの若者言葉についていけないオバサンは


「これ、どういう意味?」と、
ツイッターで使われてる言葉が分からずに
何度も調べてしまうのでした~・・・(〃∇〃)




★ランキングに参加中です♪