Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 動物病院でのひとコマ。

おはようございます♪



春は次から次へと支出の季節なのですが、
税金関係の支出のほか、
犬を飼っている我が家では

獣医さんで、狂犬病予防接種と
フィラリア予防薬をもらってくるシーズンでもあります。

(狂犬病予防接種は集団接種の案内ハガキが届きますが
我が家はそれも、かかりつけの獣医さんで接種してもらいます)

獣医さんの混雑を避けて連休明けの昨日、
午後の診察開始の時間にあわせて行ってきたのですが・・・

そのときのお話です。
あ、犬に興味のない方が読んでもつまらないお話だと思うので
そのあたりはご了承を。






わたしが受付したすぐあとに現れた、結構大きめなキャバリアをつれた女性。
失礼ながら、かなり薄汚れたキャバリアです。
女性はわたしよりもずっと年配な感じ。
50代後半くらいかなあ・・・?

キャバリアって、もともと毛足の長い犬種で、
それが魅力で飼われている方も多いと思うのですが
昨日見たそのキャバリアは、
足先の毛が15センチは伸びていました。
まるでモップです(笑)

で、常にそのモップ足をひきずって歩くのでしょう・・・
足先の毛がまっくろ。

とはいえ、実際には笑い事ではなく、
あそこまでズルズルと足毛が長いと、歩きづらいはず。
室内で飼っているのであれば、滑って危ない。

どうしてカットしてあげないんだろう???

足だけでなく、ついでにおなかや足の内側の毛も、だらしなく伸び放題で
地面に擦りながら歩いています。
長く伸びすぎた毛が絡まって、団子になっている部分もあるし。
ハッキリ言って、とにかく汚い。
もともとは、愛らしい犬種なのに、伸び放題、汚れ放題でかわいそうすぎる。

キャバリアの愛好家が見たら嘆くだろうなぁ・・・という姿。

飼い主がなにやら受け付けの女の子に一生懸命あれこれしゃべるのに
夢中になっている間に、
そのキャバリアが床に粗相ををしてしまいました。

すると飼い主、
「あら、○○ちゃんがしちゃったの?え?ウソー?」

ウソではないです、あなたの犬がしたんです。

だってほら、待合室にはわたしとあなたしかいない。
で、うちの犬はわたしの足元に座ってますから。

でも「あららぁ~どうしましょう」というだけで
一向に後始末をする気配がない飼い主。

動物病院だから、待合室で犬が粗相をしてしまうことは
めずらしくないけれど、

ちゃんと待合室に「お掃除セット」を常備してくれている病院だし、
飼い主自身がそれを使って、自分で後始末するのがマナー。

なのにその飼い主は自分では動こうとせず、
スタッフの女の子に「いつもはちゃんとオシッコさせてから連れてくるんだけど、
今日は来客があって忙しくてバタバタしてたものだから・・・」
など、言い訳に一生懸命。
仕方なく、スタッフの女の子が笑顔で床を拭いてくれている。

その一連の流れだけで、
「イヤだなぁ」と一気に嫌悪感が・・・・。

よその犬も、もちろん大好きなので、
普段、待合室でよその飼い主さんと話をすることも少なくありませんが
この飼い主とは話したくないなぁ・・・と思い
ワンちゃんには罪はないけれど、
目線をそらして合わせないようにしてしまいました(笑)

でももっと驚いたのは・・・


「足毛と爪切りのカットをついでにしてもらいたいの。」

とスタッフにオーダーしたこと。

ここでもまた、言い訳ざんまい。

シャンプーができない理由、ツメを切れない理由、足毛をカットできない理由・・・。
でもどれもこれも、ムリがある。
そして「できない理由」があるとして、
それを獣医さんにお願いするのはどうなの?

わたしには関係のないことなので、
モヤモヤっとしながらも、スタッフの女性にいろいろあつかましいお願いをしていたら、
そこへ先生が現れました。

ちょうどいいわ、とばかりに、今度は同じことを、
盛りだくさんの言い訳とともに先生に訴える女性。

すると先生。



「あのね、

ここはびょういんであって、びよういんじゃないからね。

治療に必要な場合はカットするけれど、
やるなら見た目関係なしにバリカンで刈ってしまうことになるんですよ。
だから、足の毛のカットとか・・・・(苦笑)
そういうことは、美容院で細かく”こうしてほしい”と言えば、
きれいにやってもらえますよ。美容院、連れて行ったことあるでしょ?」


と、先生は精一杯穏やかに拒絶した感じでした。さすがー!
でも、内心は
「はあ?そんなもん、美容院でやってもらえ!」が本音じゃなかったのかなぁ(^o^;)

さらに驚いたのは、先生から「美容院連れて行ったことあるでしょ?」と聞かれて


「ない」と、女性が答えていたこと。

エーーーー???この手の犬種は、定期的なカットが必須だろうに・・・。
連れて行ったことがないということは、生まれたときから伸び放題ってこと??
(画像を見せたいくらい)


女性は美容院ってどこにあるのか?料金はどのくらいなのか?
こんなこともやってもらえるのか?などなど、
先生に対して質問攻め。。。。

そこでもまた、飼い犬を美容院へ連れて行けなかった言い訳を
こじつけのように必死に並べ立てて・・・・
(そんな言い訳は、相手にとってはどうでもいいことなのに・・・)

やりとりに耳を済ませつつ、ああ・・・こういう人は関わるとめんどくさいタイプだなぁ・・・と
心の中でこっそり思ってしまいました(笑)



ちなみに・・・

このときに、やんわりとキャバリアの飼い主の要望を拒絶した先生ですが・・・。


うちの犬の予防接種とフィラリア検査をしたときには

「ちょっと爪が伸びてるねー。切っておくね。」

と優しく言って、うちの犬の爪を丁寧に全部切ってくれました^^;
先生にだって感情はあるでしょうから・・・

当たり前のように「ついでに切っておいて」なんて言われると
ムっとくるのかも?(笑)



待合室で待っている、あつかましい飼い主さんがこれを見たら
「ずるい!!だったらうちの子も切ってっ!」とか言いそうだなぁ・・・と


ツメをパチパチ切ってもらっている音が
待合室に漏れていないだろうか?と

ヘンにドキドキしてしまうわたしなのでした。




払ったお金は12,546円なり。


でも、愛犬のための大事な支出です♪





★ランキングに参加中です♪