Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 考えることが多すぎて?家計簿が赤字の予感。

おはようございます、


・・・というべきか、お久しぶりです!と言うべきか・・・^^;


ブログを3日も放置してしまってすみません。
体調不良とかでは全然ないのでどうかご心配なく☆

ただ、

考えることがいろいろとあって、頭の中が忙しかったのです。
今も忙しいです(笑)。


4月に入ってから、いろんなことをずっと「どうしよう?」と考えている毎日で
気持ちにちょっと余裕がないかな。

そのくせ、思い切って決断することもできません。





以前、病気の話ばっかり書くなというコメントをもらったことがあって、
そのコメント自体は特に気にしていないのですが、

ああ、同じように思っている人は多いのかもしれないなあ・・・と
ちょっと反省もしまして・・・・
あまり深刻なことは書くのはやめようと思っていました。

病気そのものについては、もう結構受け入れているので
そのこと自体で思い悩むことは、実はあまりありません。

それとは別のところで
日に日にストレスが大きなものになってきていまして・・・。
自分で言うのもなんですが、
もともとストレスに弱いタイプなので1日そのことを考えている日もあり、
今はかなりユウウツな日々を送っています。 

実は、そのストレスの元はリハビリ
自分でも、たかがリハビリを、どうしてここまでストレスに感じるのかがわかりません。

ストレスなのは理学療法士との会話です。
ざっくり言うと、若い理学療法士の方がお医者さんの診断を
真っ向否定することばかり言うのです。
「それは違う」「これも違う」という感じ。

先生のことをちょっとバカにするような発言もあります。
(もちろん、先生にはとても言えません)
うまくいえないけど、おそらく
「理学療法士のほうが整形外科をよくわかってる」と言いたそうな感じなのかも。

こんなことって普通にあることなのかな?

その場で理学療法士が「違います」と断定したら
患者のわたしとしては、”ハア、そうなんですか”と返すしかありません。

そして診察室へ行けば、当然ですがお医者さんがまた違うことを言う。

どちらを信じるかは明白なことですが、
理学療法士と主治医・・・・・通院のたびに2人から「診察」されている状態
が続いていて
しかも、考え方が同じ方向を向いていないことがとてもイヤです。

これからもずっと彼のリハビリに通うかと思うと、本当にユウウツでたまりません。
お医者さんは優しくて話をしやすい方、看護師さんたちはみな親切。
でも、でも、リハビリの人だけがあ・・・・・・!

そんな感じです。


まあ、頭の中を占めている考え事はこれだけではないのですが
一部、ちょっとだけ吐き出してみました。




愚痴だけで終わってはいけないなぁ・・・と思いますので
今月のヤバそうな家計簿途中経過をさらしておきます(^o^;)

kakeibo0414.png 


やりくりに集中していない月は、家計簿に顕著に現れますね(笑)

まだ、家計簿をきちんとつけているだけでもマシだな・・・と思うことにします。
食費は絶対予算オーバーです。
載せてて恥ずかしいのですが、悪いところも晒さないと意味がないので出します^^;

頭の中も、また時間的にも忙しくて
「節約して頑張る」というところに集中できていません。
お米代は仕方ないとして・・・・
なんだかお酒代が多いぞーーーー?今月2回目、買い足しました。

何よりも、やりくり費を圧迫しているのはやはり医療費。

今月既に1万円超えてしまいました。

とにかく薬代が高いです。
ジェネリックのない薬を飲んでいるので仕方ありませんが・・・。


食費がかかりすぎなことと、
医療費がかさむこと・・・・で、今月は赤字確定っぽい。


手元の現金は2万円しかありません。

スーパーでの買い物に計1万円、通院にあと2~3000円、
ほか、犬の美容院も予約してあるので、
2万円あっても、よくてギリギリ・・・というところなのです。


今週だけでも、ちょっと気合いれて節約がんばってみます。


愚痴を吐いてしまってすみません。
どうか広い心で許してくださるとうれしいです。


★ランキングに参加中です♪