Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 主婦の入院はお金がかかる・・・

 おはようございます♪


週末にかけて、ぐちゃぐちゃとした記事を書いてしまいましたが
手術は当面考えない方向に決めたので

徐々に通常モードのブログに戻ろうと思います♪

・・・というか、その2日間の記事のアクセスがものすごくて
そっちに動揺してます(笑)


今回、いざ自分に対して手術&入院を告げられるという場面を味わって
いろいろと考えてしまうものだなー・・・って思いました。

お医者さんに「手術」を告げられたときに、
真っ先に頭に浮かんだのは 「仕事」のことだったんですよ、わたし。


たかがパートですしね、
決して仕事人間とか、そういうことは全然ないのですよ。

「仕事どうしよう?!」と思ってしまった理由は、
おそらく、家族には甘えられるし、何もかも話せるので
「迷惑かけるけど、ごめんね」という感じで
物事が進みそうだけど、

職場はやはり「他人」なので、甘えられないし
「ごめんね」では済まない。

突然長期で休ませてもらうための、正当な理由として
自分の体の状況(プライバシー)をあれこれ話したくもないな・・・と
考えてしまうのが一番大きかったと思います。

また、先日も書いたとおり、
小さな事務所ゆえに、自分にしかわからない仕事がいくつもあるので

「今、1か月休ませてくれと言ったら、ひんしゅく買うだろうな、
春休みじゃないとダメなのは、わたしの勝手な都合だし、
職場側からしてみたら、今扱ってる大事な仕事を済ませてからにしてくれ、って
思うよね・・・・」

などなど。先生の話を聞きながら、そんなことを考えていました。



次に浮かんだのが、やっぱり医療費のこと。

かねてからブログでも書いているとおり
わたしは入院するなら「絶対個室派」です。

個室だから、このあたりの相場としてざっくり1日6,000円×30日=18万円でしょ?
手術代は、高額療養費制度の適用で、せいぜい9万円だな。
でも、これから入院を検討するなら、「月をまたいで」の入院になるだろうから
実際の自己負担は、この倍になるだろう・・・・。
手術&入院費は食事代込みなどの雑費込みで20万見ていたほうがいいかも。
・・・ってことで、トータル38万円くらい必要?

・・・・などと、先生の話を聞きながら頭で計算していたワタシです。

そして、当然のことながら医療保険のほうの皮算用も。


2社で入っているので、

入院日額5,000円×2社×30日=30万円
手術費用がたぶん10万円×2社=20万円


・・・・で、医療保険から50万は出るな、ヨシ黒字でいけそうだ。


なあんて具合に。


初診のときの記事にも書きましたが

「今は通院治療や短期入院が主流」っていうのは
やはり鵜呑みにするものじゃありませんね。

もともと、前から「そうとは限らないだろう」とは思っていましたが
こういう整形外科系の手術はリハビリ期間が長くとられたりするので
入院は治療の短期化が進む内科系よと比べると
長めの傾向にあるのだな、ということを知りました。

わたしは若いときから「腰痛持ち」を自称してきたので
こういう疾患名がついたことも、
何かコレ、という原因があって・・・のことではなく、
長い年月をかけて腰に負担をかけてきた結果だと思っています。

でも中高年になると、こういう疾患で悩む人は
増えてくるような気がするので、
「病気入院」ばかりを想定するのは、間違いだな・・・ということにも
今回、身をもって気づかされました。

整形外科へ行くと高齢者が多いのも、その証拠ですね(笑)



皮算用では、給付金50万円>支払い38万円・・・・という想定ですが・・・


それにしても・・・・・主婦が入院すると、
家族の生活費がいつも以上かかるな、これは・・・!と思いました。

うちの夫も息子もご飯を作るなんて高度な取柄は持ち合わせていませんから
とにかく、食費がとんでもないことになりそう。
ほぼ 「食べに行くか、買ってくるか」のどちらかになるはず。

息子は年齢的にもモリモリ食べるお年頃だし、

1日の食費は1人あたり1,500円、
二人で3,000円はかかるかもしれない、と思いました。


これが1か月だと、3,000円×30日=90,000円!!!

ひえーーーー 父子の食費だけで9万円?


でも、大袈裟でもなんでもなく、
このくらい覚悟しておかないといけないと思います。


もちろん、主婦の入院なので、
家庭の収入が途絶えることがないわけですが・・・、

わたしの家計管理では、先取り貯金+口座&カード引落を差し引いた
残りのやりくり費は、毎月「約7万円」ですから・・・・

男2人の生活になると、
食費だけで大赤字確定です(笑)。


入院費と、やりくり費の足らない部分について
「貯金から出すのでOK」と考えるのか、「貯金からは出したくない」と考えるのか

そこが医療保険をどうするか?の
考え方の分かれ道ですね(^^)



わたしはやはり、
「自分が入院することで家計負担を増やしてしまった」

と思いたくないので保険に入っていてよかったと思いました。



あっ!



手術は先送りしてるのに、「決まった」ような言い方でヘンですね(^o^;)



また治療の経過について何か変化があれば
ブログ上でご報告していこうと思います♪


★ランキングに参加中です♪