Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 言葉よりも行動で・・・・。

おはようございます♪


昨日、仕事が終わってからその足で図書館へ行きました。

図書館なんて何年ぶりでしょうか。

本を借りて読む・・・ということは
もう全くなくなっていました。
もともと、活字好きなので
本は好きなのだけど、毎日コツコツ読む習慣というか時間も
今はちょっと難しいので、

借りに行く、返しに行く、というのがどうもめんどくさくて・・・^^;

どうしても読みたい本はAmazonで買う・・・という形でした。
今後はタブレットの購入も検討中なので、
そうしたら電子書籍ばかりになりそうです。




NHKで「紙の月」ってドラマがやっていて、
引き込まれて毎週見ています。
ただ、なんだかドラマの展開が速すぎて(決められた回数に詰め込んでいる感じ)
ちょっとエッ?と思うところも・・・。

原作ではもっと丁寧に描かれているだろうに、なんだかもったいない。
(全10回くらいのドラマにしてくれてもよかったのに・・・)
それで「原作を読んでみたい!」と思いました。

スマホ画面でもいいから、スキマ時間にKindleで読みたい!と思ったのだけど
まだKindle化されていませんでした。残念。
見たい本がいつでもKindleで買える・・・という状況はまだ先なのかな。

あ、それはそうと、なぜ図書館へ行ったのかというと、
勉強しようと思ったからなんですね。


もう1月も終わり。
そろそろ、頭を勉強モードに切り替えていかなければいけない時期なのに
どうも集中しきれない毎日が続いています。

今、ちょっと大変な仕事が続いているせいで、
昼休みになると、勉強よりもボーっとしたくなるし(笑)

家に帰ると、ついついネットの誘惑が・・・・。
なかなかスイッチが入りません。

それで、ちょっと気分を変えてみたくなったのです。


今までの試験勉強では、図書館を全く使ったことがありませんでした。
理由は、「電卓」。
CFP試験の大半は電卓が必須なので、静かな図書館内で
電卓カタカタ・・・は、絶対マナー違反だなぁ・・・との思いから、ためらってました。



今のところは、まだテキストを読み込む段階で
計算問題にはとりかかっていないので、
図書館での勉強ってどうかな???と、試してみたい気持ちもあって
行ってみました。

平日だからか?学生の姿は少なくて、なかなか快適だったかも!
わたしは窓際の、誰とも向かい合わない席を選んで座りましたが
これもよかった。他の人が視界に入らなかったから。

でも、今後電卓を使う勉強になると
やっぱりちょっと来られないな・・・・という感じですね。

今後も、煮詰まったときは、たまに行こうと思います。


ところで・・・・


勉強といえば、うちのお気楽息子も受験生なわけですが、
勉強してるんだか、してないんだか・・・・さっぱりわかりません。


うるさく言うような年齢でもないので口出しはしませんが
かといって、
「ま、やらなくて将来困るのは自分だから」と、達観できるほど
デキのいい母親でもないので、
本音はやっぱり勉強をしっかりしてほしいと思っています。

なんだかんだと言っても・・・・
無事に希望の大学へ合格するのを見届けてはじめて
自分の子育ては終了になるのかな・・・?と、そんな感じです。

それから、「○○大学に行きたい」と、以前言っていたにも関わらず
必死で努力している感はサッパリ見えないので・・・
そういうところが、見ていて若干もどかしいのです。

目標ばっかり立派でも、意味ないよね?と言いたい。

ここで母親の本音を書いているだけで、
本人には、「勉強しなさいよ」とは言いたくないし、言ってないです。
自分から気がついて行動できないと意味がないから。


・・・・と、そんなところで思いついたのが



行動で示す。


・・・・ということ。


「勉強してる?」「ちゃんとやらないと・・・!」
と、言葉で言わない代わりに


母親自身が勉強している姿を、毎日見せつける作戦を実行中です。


息子が帰宅して、夕飯を食べて、
お風呂から出てくるのがだいたい午後10時ごろなんですね。


わたしはいつも、息子がお風呂から出てリビングに戻ってくるタイミングに
ダイニングテーブルで勉強している姿を見せるようにしているわけです(笑)


「一日の仕事と家事を終わって
疲れていても勉強をする、頑張る母親の図」


をさりげなく演出しているつもりなんですけどね、

わざとらしいかしら?(笑)


もちろん、夕飯の片づけを終えて、 勉強する・・・というのは
前から自分の習慣にしていることなのだけど、

「今日はやる気出ないなぁ~」という日でも、
ホントはもう、眠くて眠くて、目がショボショボしているときでも

息子が「(お風呂から)出たな!」と気配を感じると
そそくさとテキストやらノートやら広げて
”勉強している‘ポーズ‘”だけでも作ります(笑)。



息子には前から言ってあります。

「お母さんも6月に試験がだから。
あなたに構ってる余裕はないからね♪」・・・・・と。


だから、母親も6月受験のために勉強をしている・・・ということは
息子も認識しているんですね。



6月から大学受験が始まる自分と、
同じ6月に資格試験を受ける母親がもう今から試験準備している・・・・
という、その姿を重ねて

「あー自分もやらなきゃなぁ」と、何か感じてほしいわけですが・・・




そんなにうまくいかないかなぁ・・・ヤッパリ。


こればっかりはわかりませんネ。



学校のほうも本当に忙しいみたいなので、(相変わらずレポート地獄)

まだそこまで余裕がないのかもしれないけど

やっぱり、時間っていうのは自分で作らなければ絶対生まれないわけで・・・


「あーあ。あのときもっと頑張っていたら」と
後から後悔しないためにも、
一日一日、もっと大事に使って欲しいと思う母なのでした。





★ランキングに参加中です♪