Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 今年1年を振り返って、次の階段へ。

年末の忙しいさなかに、ご訪問いただきまして
ありがとうございます☆


たぶん、誰も気にしていないと思いますが
12月18日に、「試験を受けます」って書きました。

業界試験なので、おそらく世間的にはほとんど認知されていない試験ですが
7月と12月の、年2回しか受験できないものなので、
時期的にもCFP受験をした勢いで”ついで”に受けちゃえー!と
受験しちゃったわけです。

ナメていたので、3日間しかマジメに勉強していなかったため
合否ライン、ギリギリでの合格でした(恥)

いいんです、業界資格なんて、受かればこっちのもの!(←言い訳)


我ながら「よくやるよ、わたし」って笑っちゃうのは、
この試験を全部自腹切って受けたことです(^o^;)

仕事上の試験なので、社長に「受験します」って言えば、
本来、テキスト&問題集のお金も、受験料も、社長が経費として出してくれます。
でも、強制受験ではなく、自分の意思で
「取れる資格は取っておきたい」と思ったのが受験理由だったのと、
意外と難しい試験だったので「落ちたら恥ずかしい」ってことで
あくまでコッソリ申請して、コッソリ仕事帰りに受験してきちゃいました。


どうしよう。

わたし、「資格マニア」とか、思われてないですよね?(汗)
決して、むやみやたらに資格を取りたいと思っているわけじゃないですよー(笑)


でもね、「次から次へと資格試験を受ける人」の気持ちって
もしかしたら、こういうところから始まるのかな?なんてことは
ちょっと思います。

それは、1つ何かの試験を受けると、
「せっかくこの勉強をしたのだから、もう一つ上を目指そう」とか
「そういえば、今回勉強したことって、○○の試験にも通じてるんじゃない?
 せっかくだから受けようかな」

って、そういうふうに流れに乗って、受けたくなっちゃうのですよ、たぶん。
今回受けた試験も、”せっかくだから”っていうノリでしたから(笑)

とにかく、年の最後にもう一つ資格が取れて、うれしい年末になりましたー。



さて、


そろそろ頭の中は来年のことで一杯になってきていることもあり、
それを今から書くのも、ちょっと気が早すぎるので

今年1年の自分を振り返りつつ、
これを今年最後の記事にしたいと思います。

1年の最初の1月を、0にリセットした状態だとすると、
わたしのこの1年は、0からいきなりマイナスへと急降下していき、
春ごろはずーっと、マイナス域を低空飛行でした。
それは、以前も少し書きましたが、メンタルの不調がひどかったためです。

病院のお世話にもなりましたが、
何よりも自分を支えてくれたのは、ブログの裏で
わたしに温かい言葉をたくさんかけてくださった顔の見えない友人たちでした。

どれだけ感謝しても足りません。
同じように誰かがSOSを出したときには、
次はわたしが、できる限りの力になってあげたいと思っています。
そのときには、いつでも声をかけてください。


つらいと思う時期もあったけれど、
自分自身をいろんな側面から見つめなおすためには必要な1年だったな・・・と
改めて思っています。

もがきながらでも、最終的に底から脱するのは自分自身の力。
CFP試験へのチャレンジは、本音を言えば
「余計な考え事をしている時間を作らないことで自分を立て直す」
という、そんな理由も半分くらいはあったのですが^^;

実際、その方法はとても有効だったようで
勉強が進むにつれて、勉強が楽しいと思えるにつれて
自分がどんどんポジティブになっていった気がします。


子育ての面では、もう「子育て」という言葉が不似合いなくらい
親が手出し口出しをすることが、目に見えて減ったと感じる1年になりました。

ただし、言うは易し・・・・。
もう「ほぼ大人なんだから」と、自分のほうが一歩引くことは
想像していたよりは、かなり難しいことでした。

やはり、自分の子供はいつまでだっても危なっかしく感じたり、
子供っぽく感じたりする一面があるんですよね。
「ちゃんと考えているのかしら?」とか
「ちゃんとやってるのかしら」とかね。
進路を考える大事な時期だからこそ、結構ヤキモキさせられました。

それでも、子供から大人へ成長しつつある今が
一番大事なとき。

自分の将来を考える、進路を決断する、物事を判断する、
目標を持つ。そのための努力をする、
壁にぶち当たったとき、どう乗り越えればいいか考える、
そして自分で乗り越える・・・・

すべてが将来へつながっています。
今、良かれと思って手を差し伸べるということは、
社会に出たときに苦労をさせるということ。

そう思って、もどかしいなぁ・・と思うことがあっても、
とにかく干渉しないことを貫きました。

とにかく見ないように、気にしないように、口出ししないように・・・・
できる限り、本人の試行錯誤にまかせる・・・という「子離れ」は
かなり実践できたのではないかな・・・と自己評価しています。

来年にやってくる編入試験についても

「お母さんも6月にまた試験があるのよー。だから、あなたに構ってる余裕ないからネっ
そっちはそっちで、まあ受験がんばってねー」

と既に言ってあります(笑)
(本当はめちゃくちゃ不安な母ですが・・・)

そのくらいの距離感が、子供にとっても心地よいはず。


最後にお金の話。

これはもう、あまり何度も振り返るまでもないのですが
大きな支出は、息子の自動車学校代&中古車購入代ですね。
それは仕方のない支出でしたが、
月々のやりくりはほとんど赤字を作らずに推移できたし、
先取り貯金も安定していました。
教育費や税金等の年間支出もしっかりコントロールできたし、

何と言っても、多すぎた食費を6万円台に抑えて
やりくりできるようになってきたのが、今年のお金のことでの
何よりの進歩だったかも!

家計簿自体は3月を1年間の締めとしているので、
まだまだ終わっていないので、振り返りはまた春に改めて。




そんなわけで・・・・・・マイナスから始まったわたしの1年も、
終わってみれば、ちゃんとそれなりに一つ階段を上れた気がします。

年が変わるたびに、年齢を重ねるわけなので、
年齢だけでなく、自分を充実させる何かをそのつど見つけて
ひとつずつでも、積み上げていきたいと願っています。


取り立てて、おもしろおかしい記事が書けるような文才もなく、
ただひたすら、自分の日常と、心をよぎること、感じることを綴るだけの
つたないブログですが、
この1年、足を運んでくださった皆様に心からお礼を申し上げます。


本当にありがとうございました。


それでは、よいお年を!



★ランキングに参加中です♪