Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 家族に完璧を求めない。

おはようございます♪


数日前に、Kindle Paperwhiteを買おうかどうしようか・・・と
迷っていると書きましたが・・・
洋書の多読のことを息子に提案してみたところ、
残念ながら、あまり乗り気ではありませんでした。

なんでも、編入試験では工業英語のほうが必要になるそうで
(どこでもそうなのか?は知りません。息子の志望大学の過去問の話かも)
わたしがイメージするような「簡単な洋書を毎日読む」なんていう
悠長なことをするのは時間の無駄・・・というか、
編入試験に直結していないし・・・・というのがその理由のよう。

英語力全体の底上げにはなると思うのだけど
まあ、息子がそう言うのであれば押し付けてもしょうがないですね。

ただ、来月のTOEICを申し込んできたとのこと。
へー!TOEIC、また受けるんだ!!とびっくり。
・・・というのも、1年前に受けたとき
「あんな疲れる試験、二度と受けない」なあんて言ってたから(笑)。

そんなTOEICをまた受ける、と言っているのだから
入試の準備として何が必要か?ということは、
親が心配しなくてもちゃんと考えてるとわかり、ちょっと安心しました。

心配しすぎと思われるかもしれませんが
息子にとっても、本格的な「入試」は初めてなので、
(高校入試は推薦だったので、学力試験を受けていない)
のーんびりしてないだろうか?と、ちょっと不安もあったのです。

でも、編入試験に向けて、いろいろ欲しい参考書や問題集などがあるから買いたい・・・など
言ってくるようになったので、
どうやら、その心配はなさそうです。



さてさて


以前、我が家のリビング画像をチラっと載せました。
ざっくりこんな感じです。



 edit_2013-08-11_17-06-27-201.jpg

まあ、リビングというより、リビングから見たダイニング・・・になってますが^^;
リビングとダイニングの境目にソファが置いてある感じですね。
(画像がぼんやり・・・なのも、いちおう身バレ防止なので、ご了承を)

あんまりモノがあふれている部屋は苦手なので、
インテリアも最低限で”掃除のしやすい部屋”が理想です。


で、こんなレイアウトの部屋なのですが、
実は、映っているソファの後ろはいつもこんなふうになっています。


kago1219.jpg 

置いてあるのは洗濯カゴ。

朝、テラスへ出て洗濯物を干した後、そのまま洗濯カゴをこの場所に置くのが
何年か前から???いつのまにか、我が家の定番となりました。

なぜこんなところに置いているか・・・というと、
それは、夫と息子が脱いだ服、使ったタオルなどを
このかごの中に入れてもらうためです。

男の人には結構多いんじゃないかなあ?と思うのですが
うちの男どもは、脱いだ服は脱ぎっぱなしのヤツらです( ̄▽ ̄;)

過去にはどれだけ口をすっぱくして言ったことか。
毎日毎日、「脱ぎっぱなしにしないで!洗濯機に入れて!」と、
そんなフレーズばっかり言ってました。

が、それでも言ったときはしぶしぶやってくれるけれど
言わなければやらない。
または、「あとで持ってくから~」と、先延ばししてそのまま放置・・・。

その家で、毎日掃除洗濯をする役目ではないから
本人たちは脱ぎっぱなしでも気にならないんですよね。
でも主婦のほうはそうはいかない。

かといって、脱いだ服を集めてまわるのもバカバカしい。


・・・・というわけで、洗濯物を干した後の洗濯カゴを
洗面所へ片付けないで、1日この場所に置いておくことにして、
「この中に入れて!」と言ったのが数年前のこと。

すると・・・・・
これならやってくれるんですよー(笑)

夫も息子も、帰宅して脱いだ服は、ちゃんとここに入れてくれます。
息子も、部活着を必ずここに入れてくれます。

なーんだ、同じ部屋の中に洗濯カゴがあれば、ちゃんとやってくれるんじゃーん・・・!!
と、ちょっと目からウロコでした。

翌朝、わたしが洗濯機を回すときに、
このカゴを洗面所まで運んで、洗濯をします。
で、再び洗濯を干した後にこの場所にカゴを置く・・・・という繰り返しです。


こういう洗濯カゴをリビングの中に置いておくこと自体がゆるせなーい!
という方もいるかもしれませんが、

家の中のどんなことにおいても
家族に対して、何もかも「一家の主婦」の言うとおりにせよ!と
要求するのも難しいことなので、
わたしは脱ぎ散らかされるよりも、こっちのほうが断然ストレスフリーです。

毎日ガミガミ言うのもイヤですし。
だから、自分が妥協できるところを模索して
「家族に完璧を求めない」というスタンスでいるほうが、
お互いに気持ちよく過ごせるのではないかなぁ~と思ってます。


★ランキングに参加中です♪