Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 慣れないことをするから・・・

おはようございます♪


職場の営業くんが、ついに社長命令でMOS試験を受けることになりました。

・・・・といっても、入れ知恵したのはワタシなんですが(笑)

ワード・エクセルをまともに使えないので
(↑自己流で最低限のことしかできない)

お客様宛の文書や企画書などの体裁があまりにひどいため
ずっと以前から、社長は彼に「パソコン教室へ行け」と言ってたのです。

つい最近も、そう詰め寄ったら・・・

「お金がないので行けません」と開き直られたとか。


そのことを、社長がわたしに愚痴るので、MOS資格のHPを印刷して見せて

「わたしも持ってますが、こういうパソコンの資格があります。
パソコン教室へ行かなくても独学で取れます。
合格すれば、ひととおり使いこなせるくらいのスキルは身につくので
○○さんご自身にとってもいいことですし、
そういう提案はどうでしょう?」

と言ってみたところ、本当に「年内にこの資格を取れ!」と厳命したという・・・。

もちろん、Officeを使いこなせるのであれば、今更資格なんて・・・・って思いますが
彼の場合は、使いこなせていないので
やっぱりこういう資格をわかりやすい目標とするのは
悪くないと思うんですよね。実務に生かせることだし。

いくらこの資格を持っていなくても、
認知度は高いから当然知ってるだろうと思っていたのですが
営業くんがわたしに、


「NORAKOさんは、えむおーえす・・・・資格って知ってます?」

と、聞いてきたのはちょっとビックリしました。

えむおーえす・・・と言われたので
最初はわたしのほうが、なんのことかわからずに、「は?」と聞き返してしまったが、
モス(MOS)のことだったという・・・(汗)

どうやらこういう資格があることも、知らなかったらしい。
(知ってます?もなにも、わたしが社長に提案した話だし・・・笑)

全くの初心者じゃないし、スペシャリストなら誰でも取れると思うし、
彼自身のためになるし・・・・と思って、この資格のことを社長に話したけれど

うーむ・・・・( ̄▽ ̄;)
なんだかやっぱり、彼には無理のような気がしてきた・・・・。
だって、よく考えたら社内試験だって受からずに放置してるくらいだし。。。
(ある意味、MOSよりそっちを合格するのが大事なんだけど?)

そんな彼が、マジメに練習するとはとても思えないかも。

社長には申し訳ないけれど


「合格できない、に一票」



かも・・・・?



話はガラリと変わりまして。


たまたま・・・かもしれませんが、
最近、息子がやたらと友達と夕飯を済ませてきてしまうことが多くなってます。

こちらが作る前に連絡してくれれば、いいのだけど、

息子も息子で、
友達とその場の雰囲気で「食ってく?」という話になってしまうので
夕飯を作ってしまってから連絡がある・・・ということも多い。

しっかり手をかけた夕飯を準備しているときには
ものすごーいショックです。


逆に、「あー今日めんどくさいなー」と思っているときに
「夕飯要らない」と言われると、ちょっとラッキー♪とか思っちゃう
自分勝手な母なんですけどネ。


それでも先週、
1日おきくらいに「要らない」というLINEが入ったので、

3回目くらいのときに、さすがにブチッときて
(↑いずれも夕飯準備したあとだったので)




てめー エエかげんにせぇよ。





と、返信したら・・・・・・・・(ホントにこのように送りました)








まさかの








「夕飯いらないです」
というLINEを送ってきたのは
夫だったという・・・・・・・ ∑( ̄ロ ̄|||)サー




鬼嫁と思われたんでしょうね。

直後に電話がかかってきて




「あの~~~ボク、
何か(怒らせること)しましたか・・・?」



と恐々尋ねる夫(笑)


わたしってば、夫から電話があったことで、
初めて、その「飯要りません」が
息子からではなく、夫からの連絡だった・・・と気づいたんです(^o^;)
 



だってー


夫がLINEで連絡してくるって
めったないないことなんですよ。
いや、数えるまでもないというか、
スマホにしてから、夫にとっては今回が2回目のLINEですよっ。

もともとガラケーのときから
メールはほとんど送ってこない(←電話派な人)だった上に、
わたしがLINE登録しているのは、
息子と夫だけという淋しい状況なので(笑)



LINE=息子


だったのです。わたしの中では。


夫からの電話にびっくりして、
しどろもどろで言い訳して、よくよくLINEを見直してみれば
確かに送信者は夫でした。


「メシいりません」


という、最近見慣れたそのワードだけで息子だと思っちゃったというわけ(笑)



こんな間違いをしてしまったのは
それもこれも、毎度毎度「メシいりません」と言ってくる、息子のせいじゃー。






・・・・・って、え?チョットちがう?(爆)




さー今日1日がんばったらお休みです!

ではでは、いってきまーす。


★ランキングに参加中です♪