Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 コインパーキングの謎。

おはようございます♪

なんだかモヤモヤしていることがあるんですよね。


それは、昨日の夕方のこと。
いつものように、近くの公営グランドまでウォーク&ランに行ってきました。
(テニスコートや野球場があり、
その外周がウォーク&ランの定番コースとして地元の人に使われている)

車は隣にある、コインパーキングに入れます。
いわゆる、入り口と出口のある有料駐車場ですが
2時間までは無料なので、ウォーク&ランに利用する程度なら
課金されません。

気持ちよく運動を終えて、さあ早く帰らなきゃ!と
そのコインパーキングから出るとき、
わたしの前に、いかにもヤンチャな車(笑)が(←適当にご想像を)
駐車出口のところに先に停止していました。

でもゲートなんてサッサと通り抜けられるはずなのに
妙に時間がかかっている。

なにやってるんだろー?と、気にしながら見るのだけど、
「よくこすらないねぇ?」というくらいに車を精算機にピッタリ横付けしているので
なぜモタモタしているのかは全く見えません。

遅いなー、早く出てよーと、ちょっと思いながら待っていたら
3分くらいしてようやくゲートを出て行きました。

そしてわたしの番。


ソロリソロリを車を前進させて、精算機のところで窓を開けると

 
なんと、



「駐車料金300円」と表示されていて、

「駐車料金を入れてください」というアナウンスが・・・・!


えええ???なんで???
・・・と思ってよく見ると、
駐車券が機械に刺さった状態になっている。



こんな状況は初めてのこと。


「これって、わたしに払えということですか?」と、
状況が飲み込めず、一瞬オロオロとしてしまったのですが・・・

なぜこんな状況になっていたのかわからないけど、
新手のコインパーキングの料金を踏み倒すテクだろうか?(笑)

間違いなく、
この「300円」の請求は、絶対にわたしの前に通り抜けた
あのヤンチャな車に対しての請求だと思うんだけど。

駐車券って、挿入口に当てたら、
スイ~~~~っと吸い込まれてしまうだろうに。


その駐車券は吸い込まれないように
微妙なバランスを保った状態で刺さっている。
刺さっていない(挿入口に挟んでるだけ)の状態だったら
「駐車料金は300円です」なんて、機械が認識してるのもおかしいし。



あのヤンチャな兄ちゃんたちは
この状況を作るのに、時間をかけてたんだろうか???(謎)


すぐに冷静になって、駐車券を引っこ抜いてみたら、ちゃんと抜けて
「300円」を請求する表示も消えたのでホっ・・・・。

自分の駐車券を改めて差し込んだら、0円表示でバーが上がってくれたので
無事に帰宅しました(笑)

一体、なんだったんだろう・・・?


思わず、帰宅してからネットで調べてしまったけど(笑)
それらしき情報もないしー。



ちゃんと自分の駐車料金を払った上で、
後ろの車に対するイタズラ?のつもりで何か細工をしたのか???


それとも、自分の駐車料金を踏み倒すテクニックだったのか???


さっぱりわかりません(笑)



とりあえず、身に覚えのない駐車料金を払うハメにならなくて
よかったなーとは思いましたが・・・。


どうでもいい、といえばいたってどうでもいいことだけど
なんとなく、一晩たってもモヤっと感が消えないのでした。





★ランキングに参加中です♪