Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 こういうことには、ひときわ怒るよ。

おはようございます♪


昨日ついに、受験票が届きましたー。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

cfp1028.jpg 

FP技能士の試験は、各県で開催されているけれど、
CFP試験は、受験地が限られた都市だけ・・・になっているので、少ないんですね。
だから、今までと違ってチト遠いです。
乗り換え時間と、余裕を持って会場に着く・・・ということを考慮すると
たぶん朝7時くらいには家を出ることになりそう(→o←)ゞ

うーん、なんなら近くで前泊したいなあ・・・・と、結構心揺れます(笑)
(前夜、当日朝・・・・と家事に終われなくて済むし)

・・・・にしても、試験と試験の間が1時間しかないので、
おちおち食事も取っていられない感じ。
まあ、緊張で食べられないだろうし、
食べて眠くなるとまずいので・・・食事はちょっと考えないといけないなぁ。

とにかく丸1日がかりの試験スケジュールなので、
集中力をしっかり保てるようにしなければ。
当日を迎える前に、シュミレーションとして
同じスケジュールで過去問を解いてみたいと思います。




さてさて・・・・


実は今日のわたしは、ひどくイライラしております。

原因は息子。


息子に対してイライラしたり、腹を立てることは
そりゃ日常茶飯事なのですが、
その中でも、特に怒りの沸点の低い項目。


それは



買ってあげたものを失くすこと。



これはかなり許せません。
息子にしてみたら、「そこまで怒るか?」と、
違和感があるのかもしれませんが
それは自分でお金を出していないから・・・・です。



何をなくしたのかというと、

今回は ベルト。

あ、"今回は”というのは、過去にも失くし物の前科があるということですね(汗)
(一応、一定期間経過後に見つかってはいるのですが・・・・。)


週末に学校で着替えをしたときに
どこかに置いたか何か・・・・???で、
そのまま行方不明とのこと。


息子は


「ま、そのうち見つかるわ」


とあっけらかん。


この”あっけらかん”が、火に油だということを、ええかげん学習せえよ。


そんなふうにのんきに構えていられるのは
自分のお金で買っていないからなのです。
自分のおこづかいをやりくりして買ったものだったら、
もっと必死になって探すし、「ハーッ」とため息のひとつでもつくだろうに。


金額にして4,980円のベルトでした。

まだほんの2~3回しか使っていないキレイなものです。


・・・・というわけで、



息子からベルト代5,000円を徴収してやったのだ、フン。


「エエエ~~~?( ̄▽ ̄;)!!ガーン」


とブーイング顔の息子だったけれど、
ベルトが見つかれば返してやるし、
見つからなければ、このお金で新しいベルトを買うだけのこと。


こういうところ、責任の所在がきっちりしてないと気が済まない母ですっ。



自分のお金に対する金銭感覚はしっかりしている息子だと思いますが
やっぱりまだまだ、親が出してくれるお金に対する意識は低いですね。


息子からお金を徴収するのだって、
決して気分のいいことじゃないのです。


だから


あ~あ、早く見つかってくれるといいんだけど・・・・と、なんだかモヤモヤです。

ただ、残念ながら高専って、校内の盗難が珍しくない学校でもあるので
持ち物の管理はホント自己責任。
(ただ、ベルトなんて盗む人いるかあ?とも思うけど)

見つかる可能性は五分五分ってところかなぁ・・・。



★ランキングに参加中です♪