Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 大事なのは習慣にすることですね・・・

おはようございます♪



昨日の夕方、義母がこんなにフルーツを持ってきてくれました
息子が果物大好きということを知っているので、
いただきものがあると、いつもこうして持ってきてくれます。


kudamono0828.jpg 

スマホで撮った写真を初めて載せてみましたが・・・
なんでもない写真にカンタンに加工もできてスマホの写真って、楽しい♪
(Bluetoothでカンタンに送信することも覚えたし・笑)

わたしはスピリチュアルなことをとても信じる人なのですが・・・
(自分自身、20歳前後に非常に霊感が強い時期がありましたから。
あ、いまは全然ないですヨ!)

ちょっといろいろ思うところあり、ここ2~3日、
母のことばかり考えていたところへ、義母が顔を見せてくれたので
ひょっとして母が義母にお願いしてくれたのかなあ~?とか、
自分に都合よく解釈・・・(笑)。
義母の顔を見て、とても幸せな気持ちになりました



さてさて、昨日の記事からの続きです~。


いったいお宅は何人家族なの?と冷ややかに笑われそうなダメダメ食費の改善が
この1か月、非常にうまくいったので、
調子に乗って、改善ポイントを書きます。

ただし、予告した通り
「我が家は食費3万円」とかって家計簿の方には
まーったく参考になることはありません。
だから、この先は読まなくてもいいと思います(爆)


・・・・なんてわけにもいかないのが好奇心でしょうから・・・
くれぐれも、
「そのくらい、フツーでしょ?」とか、手厳しいことを言わないでくださいまし(笑)。

わたしのように、「いやいや、いくらなんでもこの食費はないわー」
自分に対してあきれてしまっているくらいの人向けです・・・・・


この1か月の記事に書いたことと重複する部分が多々ありますが
特に意識したことを書きますね。


①買い物へ行く回数を減らす

今まではスーパーがメインで、生協がサブ的な買い物方式でしたが
それを思い切って逆にしました。
生協でしっかりまとめ買い、 スーパーのほうを補助的に利用。

たびたび書いていますが、我が家はたった3人家族ですが
通常はお弁当を3人分作るので、「お弁当も夕飯並みに食材が必要」になります。

だから、案外スーパーでまとめ買い・・・ということが難しいです。
1人分のお弁当なら「残り物方式」もいけるけれど3人分だと
お弁当用に食材をしっかり買う必要があるので
2日分もカゴにいれたらもう一杯になっちゃう・・・・
(=2日分というのは我が家では夕飯4回分相当。それでカゴがいっぱいになっちゃう)

だから、スーパーをメインにしていると、
2日に1回は買い物へ行かなくては追いつかず、これまで週4回+生協・・・って
状態だったんですね。

それを、生協でガッツリ買う方式に変えたことで、スーパーへ行く回数が半減。
しかも生協では頼みすぎても玄関まで届けてくれるからラクチンだし(笑)

野菜も卵もとても新鮮で質のいいものが届くし、
お肉も国産のものが最初から冷凍の状態で届くので信頼感が違います。

スーパーの価格よりは若干割高ではあるけれど
1ヶ月を振り返ってみると結果的に食費が下がっているわけなので
単価ひとつひとつにとらわれすぎるのもよくないんだな、と実感しました。
 
買い物に行く回数を減らせば、無駄なものを買うことも減る。

わたしは「お弁当がネックだから仕方ない」と
食費が高いことへの言い訳をしていましたが
やっぱり買い物へ行くたびに、ついつい買ってしまう嗜好品などの積み重ねが
ボディーブローのように影響を与えていたのも一因だったと認めざるを得ません。


②冷蔵庫にあるものを使い切る。

非常に当たり前のことですが、
恥ずかしながら、わたしはこれができないことが多々ありました。

ちゃんと献立を考えて食材を買ってきても
ちょっと疲れがたまって手早くパパっと食べられるものに献立を変更してしまい
食材を腐らせてしまう・・・ということも。

この1ヶ月は「できるだけ使い切る」ということを心がけました。
それは、食材を大切にするということや節約という意味も、もちろんありましたが
それよりも物理的な問題として、

生協の宅配品が届く日には冷蔵庫にスペースを作っておかないと
まとめ買いした冷凍食材や野菜が冷蔵庫に入らなくて困るじゃないか!
・・・ということが一番でした(笑) 

だから、生協が届く木曜日には
冷蔵庫がガラガラになっておくようにする、
そのためには食材をしっかり使い切っておくことが大事・・・と
そんな習慣がつきましたね。

これはわたしにとって、
生協をメインに利用する方法に変えた最大のメリットだったかもしれません。
そうでなければ、「冷蔵庫をカラにするところまで使い切らなければ」
という強制力みたいなものが効かないので
やっぱり自分に甘くなってしまったと思うからです。



③やっぱりメモは大事

これも基本中の基本ですが、
メモをしっかり取りました。
・・・といっても、スマホのアプリを使って・・・ですけどネ。

今、冷蔵庫の中にあるものをスマホにメモして、
買わなければいけないものもメモ。

で、買い物へ行く日のお昼休みなんかに、
何を買い足すのか?をあれこれ考えてリストをつくり、
スマホの買い物リストを見ながら買い物。

今日は月曜日から買い物へ行かなくちゃ・・・と思っていたけれど
冷蔵庫の中身のリストを見ていたら
「もう1日頑張れるじゃん!」と気づいて買い物を1日延ばした・・
なんてこともありました。

買い物リストも大事だけど、
それよりも、今ある食材のリストのほうが自分には大事なものでした。
わたしは冷蔵庫にベタベタと何かを貼るのが好きではないので(笑)
冷蔵庫の中身をどこかにメモしておく・・・というようなことは、
今までしたことがなかったのですが
いつでも持ち歩くスマホにメモをする・・・という方法が
ものすごく自分に合ってた気がします。


そういえば、家計簿も紙ベースだと全然続かなかったのに
家計簿ソフトにしてからずっと続いているし、
買い物メモも、スマホのほうが継続しやすい感じ。

わたしは何でも紙ベースは合わないのかな(笑)




こんなことを、つらつらと書いてしまったので
まさか9月の食費が7万円突破してしまいましたーーーとは
言えない状況になってきました・・・・。

ここに書いたことが継続できなければ
何の意味もないことですものね。
今はものすごーく自分で意識している部分が大きいので
正直ちょっと疲れますが(笑)
これを当たり前の習慣にできるようになるといいな、と思います。


この1ヶ月、週1で食費の状況をUPすることは
自分にとっていいプレッシャーになっていたので
次の1ヶ月も引き続き続けてみようと思います!

ほとんど自分のためにやっているような食費公開ではありますが・・・

「人には恥ずかしくて言えないけど、NORAKOさんちと同じくらい
食費がかかっちゃってるわー」

と思ってる読み逃げ専門の隠れ読者のみなさんも
それぞれに継続できそうなやり方を模索してみてはどうでしょう?


ぜひ一緒にがんばりましょー



★ランキングに参加中です♪