Welcome to my blog

NORAKOの隠れ家

子育てが終わり、夫婦二人暮らしとなったアラフィフ・パート主婦の日常です。

 老後資金、あといくら貯めるべきか?

おはようございます♪


3連休が終わりましたが・・・
わたしは金曜日もお仕事を休んでいるので4連休です。

正直、週末の間に仕事が相当溜まっているんじゃないか?と
出勤が少々ユウウツです。

どうか溜まっていませんように・・・・っ。
(特に何かなければ、仕事が溜まることもないのですが
イレギュラーな案件がドっと出ていたりすると大変です)


えっと、こんなことは
わざわざ告知するほどのことでもないのですが

実は、ご存知の方はご存知の通り、
資格試験の勉強をまた始めています。

空き時間を優先的に勉強に使おうと思ってカメの歩みでスタートさせたので
正直なところ、これまでほどブログに時間を割くことができません。
今のところはできるだけ、お休みしないように記事は書きたいなーと思っていますが

最近、内容がうっすいわねー・・・・
とガッカリされないかが心配ですので(笑)
手抜きしていると思われない程度にがんばります



さてさて・・・・


前記事で、わたしの父親が年金だけで暮らしている・・・と書きました。
もちろん、うちの父親だけでなく、そういうお年寄りは多いと思います。

そして残念ながら、自分たちは絶対に年金だけでは暮らせない将来が待っています。
20代、30代の若いご夫婦と違い、40代半ばのわたしたち夫婦は
老後が決して遠くはないし、もうのんびりしていられないぞ?という
状況でもあります。

そこで、ちょっと現実的に、いったいあといくら必要なのか???
計算してました。



結果・・・・・・

あと2,080万円必要だという結果に。


その数字はどういう計算で出したの?と思われるでしょうが・・・
オープンにできない数字ばかりなので、
すみません、具体的な数字はナイショである・・・ってことと、
本当にザックリ計算しただけなので、
家庭の、あるいは夫婦の事情によって考え方や必要な金額は全然違うと思います。

わたしたち夫婦の場合・・・・

「1ヶ月このくらいあると安心だな、と思う生活費」「夫婦でもらえる年金(月額)」
不足する月額生活費

・・・・というのをまず出しました。

その不足する月額生活費を60歳から20年分必要として・・・・

「老後の20年間で不足するお金の合計」を割り出します。


そして、

老後の20年間で不足するお金の合計今現在の貯金額(教育費を除いたもの)
2,080万円

・・・・・となったわけです。


わたしはたぶん早死にすると思いますが(笑)
夫は長寿家系のサラブレッドなので
(夫の両親がともに長寿の血筋で80歳以下で亡くなった親族がゼロらしい)
ひょっとしたら90歳まで生きるかもしれません。

なので、本当は老後は60~90歳で考えないといけないかもしれないんですが・・・
おそらくわたしが先に逝くことと、

計算する上で「60歳から老後資金が必要」・・・という想定で計算しているものの
実際にはおそらく夫は65~70歳くらいまで働くだろうと思うので
夫が健康であれば、60~65歳までも収入があり、貯金もできると思います。
・・・ということで、
夫が一人になっても経済的には90歳まで大丈夫だと予想。


退職金が出る会社であれば・・・・・
退職金をアテにすることで、もう既に今の時点でかなり老後は安泰・・・・
と思えるかもしれませんが、

うちは親族経営の零細企業なので、
退職金は出ないものと思ってます。

以前、夫の会社&従業員の保険を担当している生保のおばさんが
保険の見直しでうちへ来てくれたときに
「会社で退職金代わりにする保険に入ってる」
と、チラっと教えてくれたことがあるし、

義母は非常に保険好きなので(保険で資産を増やした人といってもいい)
本当に退職金は多少出るのかもしれないのですが・・・・・

なんとなく、そこで根掘り葉掘り聞くのもイヤらしい気がして聞けませんでした(笑)
だから、ハッキリしないものをアテにできないので
ここは「退職金はないもの」と思うことにします。
「でるかも」なんて思っているより、そのほうが精神的にさっぱりします。



・・・・というわけで、わたしたち夫婦に必要だと思われるのは
ザックリだけど2,080万円・・・・



さあ、これをどうやって60歳までに貯めていくか・・・・?ってことになりますが

ここで頭を整理して、じっくり考えたいので
続きはまた~~ヽ(*^^*)ノ



あ、・・・・といっても、今日はあまり時間がないので
続きを明日UPできるかは、わかりませんっ

ごめんなさーい


★ランキングに参加中です♪